S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
Google
楽天
ドミノピザ
宅配ピザのドミノ・ピザ
<< あぢもり@鹿児島 | main | 焼酎天国@鹿児島 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
鹿児島をぶらぶら

西郷隆盛の銅像

鹿児島2日目は近辺をぶらぶら観光します。
まずは銅像巡り♪
西郷隆盛像と言うと東京上野の銅像(着物をきて犬をつれてる)が有名ですが
こちらは軍服姿でりりしい感じ。
東京上野の西郷さんの銅像ができた時に招待された西郷さんの妻の糸子さんが
『夫は、こんな人じゃない』という内容の発言をしたらしい。
と言うことはここ鹿児島の銅像のほうが本物に近いのかも。

小松帯刀の銅像

こちらは小松帯刀(こまつたてわき)の銅像。
『篤姫』で瑛太君が演じたことによって知名度が増しましたが
西郷さんに比べるとちょっと目立たない場所にあります。
知性を感じさせる銅像ですね。

島津斉彬の銅像

照国神社にある島津斉彬(しまづなりあきら)の銅像。
篤姫の養父でもあり西洋文明の吸収に努め、富国強兵を進めて
西郷隆盛や大久保利通らを育て、近代日本の基礎を築きました。
境内には遺志を継いだ弟・島津久光公、甥の島津忠義公の銅像もあります。

ドルフィンポート

続いては複合商業施設『ドルフィンポート』へ。
木造2階建て、南国のバンガローを思わせる建物に
特産品の直売店や飲食店を中心に20店舗ほどが入居しています。

篤姫館

ドルフィンポート1階にある『篤姫館』。
昨年のNHK大河ドラマ『篤姫』の放映に合わせてオープンしましたが
篤姫の人気は衰えず今年3月まで延長しているようです。

篤姫の居室

館内には大河ドラマのテーマ曲が流れ『篤姫』の世界へ。
大河ドラマ「篤姫」の時代背景を学んだ後は、
人物の紹介・撮影で使った衣装・道具類の展示の部屋などを見学。
館内は写真撮影禁止ですが唯一OKだったのが、ここ篤姫の居室です。

篤姫と家定が指していた碁盤 松坂慶子さんが着た衣装
着てみました(笑) 手鏡

ドラマで印象に残ってる篤姫と家定が碁を打つシーン。
その中で使用された碁盤や幾島役の松坂慶子さんが
実際にお召しになった着物なども展示されています。
係りの方から『どうぞお召しになって下さい』と促されたので
幾島の気持ちでパチリ。
本当は篤姫の着物が着たかったけどね(笑)。

桜島フェリー

『篤姫館』からすぐのフェリー乗り場から桜島へ向かいます。
乗船料は鹿児島市内を走ってる市電料金160円より安い150円(片道)。
篤姫館の半券があると片道120円でOKです。
日中だと10〜15分間隔で出ているので、まさに市民の足!

フェリー内 ソファー席もあります
絶景! うどんも販売してます

フェリー内は広々としてソファー席もあります。
ここから望む桜島のまた見事なこと!
船内にはうどん屋さんもあり、なかなかの人気らしい。

ビジターセンター

15分で桜島に到着。
まずは桜島港ターミナルより700mほどの場所にある
桜島ビジターセンターで桜島についてお勉強します。

霧島屋久国立公園

霧島屋久国立公園は、鹿児島・宮崎両県にまたがり、
昭和9年に我が国で最初に国立公園に指定された霧島地域
昭和39年に追加指定された桜島地区・指宿地区・佐多地区の錦江湾地域
それに世界自然遺産に登録された屋久島地域に分かれています。

のんびり出来るスペースがいっぱい 行き交う船を眺めつつまったり〜
春ですね〜 足湯もあります

こちらは溶岩なぎさ公園。
国民宿舎「レインボー桜島」近くの海岸線にある憩いの空間です。
天然温泉かけ流しの足湯も無料で利用出来るとは太っ腹!

桜島も望めます

ちょうど足が疲れていたところだったので
雄大な桜島を眺めながら足湯でのんびり〜。
今回は計画無く桜島に来てしまったのですが
次回はレンタカーを借りて桜島を一周したいな♪

九州(福岡以外) | - | -
スポンサーサイト
- | - | -