S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Google
楽天
ドミノピザ
宅配ピザのドミノ・ピザ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
セロのディナーショー@ロイヤルパークホテル
セロのディナーショー
友人に誘われてみなとみらいのロイヤルパークホテルにお出かけ。
本日はイケメンマジシャン、セロのディナーショーでございます♪
まずはシャンペン17時開始だったけど、時間前からドリンクサービスあり。
ちなみにこのディナショーの料金は26,000円。
もちろん飲み放題でございますー(スパークリングワイン3杯、白&赤ワイン各2杯頂きました♪)。

たらば蟹とホタテのサーモン包みレモン風味のたらば蟹とホタテのサーモン包み レモングラスソース。

大車海老とオリーブ風味の真鱈の天火焼き大車海老とオリーブ風味の真鱈の天火焼き。

フィレビーフステーキフィレビーフステーキ、フォアグラ、フランス茸のアンサンブル。

サラダ冬仕立ての可愛らしいサラダ。

洋ナシとキャラメルムース洋ナシとキャラメルムースの2層仕立て バニラアイスクリーム添え。

こういう雰囲気ですこれらの食事が終わった後にショーが始まります。
400〜500名ほどの会場ですが、更に両サイドに大型スクリーンがあるのでマジックの内容はよく分かります。
このメインステージ以外にセロがテーブル中ほどにやってくるのですが、これが私達のテーブルの正面!
超間近で指輪の瞬間移動マジックを見ることが出来ました。
でも全然トリックが分からないの〜!!
ちなみに私はセロの指元を凝視してたけど、友人はマジックそっちのけでセロの顔を凝視してたらしい(終わった後、綺麗な顔だったわ〜と連発してた≪笑≫)。
全体的に小ネタが多くて、大掛かりなショーを期待してた私にはちょっと物足りなかったかな。
でも楽しい時間を過ごせました♪

コールドストーンクリマリーショーの後はランドマークプラザのコールドストーンクリマリーへ。

小さい〜これはLOVEITのコーヒーラバーズ。
やっぱ日本のはちっちゃいわね〜。
ところでオダジョーって結婚するんですね。
相手は香椎由宇か〜。ちょっとビミョー。
私的には又来さんか三日月さんが希望だったんだけどね(爆)。
エンターテイメント | - | -
年末の風物詩♪
ミューザ川崎シンフォニーホール
ハワイ旅行の報告前に旬のネタなんぞを・・・。
昨日は年末の風物詩となったベートーヴェン/交響曲 第9番、そうあの『第九』を聞きに夫と川崎へお出かけ。
年末になるとあちこちのコンサートホールで『第九』の演奏会が催されるのですが、この現象は日本がダントツとのこと。
どうして『第九』が年末の風物詩になったのかは
“ドイツで大晦日の年の変わり目に演奏するケースが多い”とか
“新しい年への希望と喜びを感じられる一年の締めくくりに相応しい曲だから”とか諸説あるようですが、明確な答はないらしい。
覚えやすく歌いやすいのが日本人にピッタリ馴染んだのでしょうね。
ちなみに年末になればなるほど『第九』演奏会のチケット料金は高騰するとのこと。
なので昨日のチケットはリーズナブルでした(笑)。
クリスマスツリーも綺麗!
今回の会場である『ミューザ川崎シンフォニーホール』はJR川崎駅直結なのでとっても便利。
まだオープンして2年ちょっとと新しくて綺麗なホールです。
古いコンサートホールだと化粧室(特に女性用)の数が足りないことが多いのですが、新しい施設だと余裕をもって作ってあるので、このあたりも安心。
ワインヤード形式というこちらのホールはステージを取り囲むように段々の客席が作られていて座席数は約2000です。

この日は川崎フランチャイズオーケストラである東京交響楽団の公演で指揮は大友直人氏。
まずは『モーツァルト/フルート協奏曲 第2番』の演奏から。
大友氏は背が高くスラリとしているので指揮も優雅。
またフルート奏者は『神戸国際フルートコンクール』で優勝したまだ20歳の現役慶應大生とのこと。
『のだめカンタービレ』に出てくる学生演奏家達のことをついつい想像(笑)。
心がウキウキする演奏でした♪
バー&ドリンクコーナー
休憩時間が20分間あったのでドリンクコーナーへ。
こちらも吹き抜けになっているので広々とした雰囲気です。
このようなホールで供されるワインは500〜600円くらいが相場だと思うけど、こちらは400円とお安い。
良心的なお値段だわ〜と飲んでみると・・・
うーん、あんまり美味しくない。ショック
『ミューザ川崎』様、お値段アップしても構いませんので、もう少し美味しいワインをお願いします・・・。
マズッ!
『第九』の演奏は(アレッ!)とずっこける場面もありましたが、全体的にはまとまっていたような・・(素人なので詳しい感想が言えなくて申し訳ないです)。
ティンパニが大活躍なのですっごく楽しい。
合唱団の人数もかなり多かったので、迫力もありました。

それにしても今年も残すところ、あとわずか・・(まだ何にもしてないよー!)。
エンターテイメント | - | -
10年振りの東京ディズニーランド
パレードもクリスマス
病み上がりなのに昨日は東京ディズニーランドへお出かけ。
閉園時間まで遊んでいたので自宅に戻ってきたのが11時過ぎ(汗)。
12時頃には就寝しました。
ここのところ体調不良にもかかわらず時差ボケの影響で毎朝5時には一度目が覚めていたのが今朝は11時まで爆睡。
これで時差ボケともおさらばだ〜(笑)。
マジカルチケット当選!パスポートに引き換えます
パスポートホルダーとショッピングバッグパスポートは無くさないようにね!
さて東京ディズニーランドですが、ディズニー嫌いな夫と人込みが苦手な事が理由で10年ほどご無沙汰でした。
今回はJCBのキャンペーンでご招待チケットが当選したので、ディズニー大好きの友人を誘ってお出かけ。
このキャンペーンで当選した方はかなりいらっしゃるようで、14時から入場なので10分程前に到着したのですが、入場を待つ長い長〜い列が既に出来上がっていました。
まずは当選したマジカルチケットを窓口で渡すと、パスポートとパスポートホルダー、ショッピングバッグのプレゼント。
いよいよ久々のディズニーランド入場〜!!
白雪姫太ってる鴨ばかり
雪だるま可愛い!サンタさんははずせない
友人は趣味がディズニーランドへ行くこと!という位ディズニー大好き!
そんな彼女もこんなに混んでるのは珍しいというくらい昨日のランドは大賑わいです。
入場すると白雪姫と七人の小人を発見!(でもこの白雪姫イマイチ可愛くない・・・)
それにしてもディズニーランドにいる鴨は食料がいいのかまるまる太ってる。
美味しいフォアグラが出来そうだ・・・。

“プーさんのハニーハント”と“ビッグサンダーマウンテン”のファストパスをとりあえずゲットして(この時点で19:20〜と21:00〜!)パレードを観賞。
クリスマスバージョン(と言っても普段を知らない)になっていました。
れすとらん北斎中はかなり広いです
友人がディズニーお出かけの際は必ずレストランを予約しておくらしいのですが、この日はかなり混みあっていたようで予約が取れなかったとのこと。
早めにお昼を食べていたこともあってディズニーランドの中では比較的美味しいらしいレストラン“北斎”へ5時に入店。
この時間でも10分ほど待ってテーブルに通されました。
季節のお勧め料理2300円
季節のお勧め料理(2,300円)をチョイス。
海老しんじょと野菜の天ぷら・ローストビーフサラダ・ブリ大根・生湯葉と刺身コンニャク・さつま芋入り五穀米にお吸い物。
なんだか酒のつまみになりそうなお料理が多いので、ちょっとビールが飲みたくなったけどディズニーランドのほうは酒類を置いてないんですよね。
これで本調子だったら(酒、持ってこ〜い!!)と暴れてたかも(爆)。
デザートはイチゴ羊羹。
イチゴ羊羹って?と思ったけど苺大福を口の中に入れた味で結構いけました♪
イッツ・ア・スモールワールド心が洗われるわ〜
プーさんのハニーハントハニーポットに乗って出発!
待たずに観られる“カントリー・ベア・シアター(ちょっと拷問に近かった・・汗)”や“イッツ・ア・スモールワールド”“カリブの海賊”初めて観た3Dシアターの“ミクロアドベンチャー”などを堪能。
“イッツ・ア・スモールワールド”なんて、たぶん20年振りに観たけど、その時より楽しめたかも?
出遅れ気味のエレクトリカルパレードを後ろのほうから観賞後はこちらも初体験の“プーさんのハニーハント”。
あまりにもあっけなく終了です(私達が入った時は80分待ちだったけど、80分待ってこれじゃ怒るわ〜)。
“ビッグ・サンダー・マウンテン”ではしゃいだ後は“ジャングル・クルーズ”で一休み。
閉園の22時まで久々の東京ディズニーランドを堪能いたしました。
またチケットが当選したら行ってもいいな♪
シンデレラ城もライトアップ花火〜
エンターテイメント | - | -
たまには目の保養♪
昨日は久々に渋谷にお出かけ。
目的はこれまた久々の舞台鑑賞。
最後に見たオペラ以外の舞台が『フルモンティ』だから、もう何年振りだか・・。
エドワード・オルビーの『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』。
出演者は大竹しのぶ・稲垣吾郎・ともさかりえ・段田安則。
生SMAPが見られるというのが一番惹かれる所ではありますが(笑)、お芝居自体もなかなか評判が良さそうで期待が持てます。
特設席をゲット!
昼間行なわれるマチネーだったので開演は1:30〜。
劇場に入ると四方から客席に囲まれた舞台にビックリ。
書斎机、椅子、ソファ、レコードプレーヤーなどがバランス良く置かれたリビングルームが舞台。
しかもこの舞台、普通の形状と異なりステージ周りに特設席が設けられ、段差の無いステージと同フロアから見られるんですね。
幸運にも!このシートからの鑑賞。
渋谷のシアターコクーンでゴロちゃんファンと思われる女性多し
結婚23年目を迎えた大学教授夫妻(大竹・段田)は結婚生活の惰性と幻滅の中で刺激を求めていた。
ある日、知り合ったばかりの新任の助教授夫妻(稲垣・ともさか)を自宅に招き入れ、お互いの不満を爆発させ激しき罵り合い、助教授夫妻も狂気のゲームに巻き込まれるという感じのお話。
途中でステージが回り出して死角を持たせないような配慮もされています。
後味の良い作品では無いけど考えさせられるセリフ等もあり、音楽や照明も効果的に使われていました。

私が一番ドキッとしたのが大竹さんとゴロちゃんの濃厚なキスシーン。
だって普段の生活でも人様のそんな場面を近くで見ることって無いじゃないですか〜。
それがまさに目の前で生SMAPがですよ!
おばちゃん、コーフン(爆)。びっくり
初めて見た生ゴロちゃんはお肌が綺麗でTVよりも細くスタイル抜群!
マネキン人形さんみたいでした。
ともさかさんも折れそうなくらい細いし・・。
大竹さんと段田さんは貫禄の演技で目の保養になりました♪
エンターテイメント | - | -
1ドルコンサート@横浜みなとみらいホール
大ホールのパイプオルガン
1ドルコンサートを聴くために横浜みなとみらいホールへお出かけ。
毎月原則第4水曜日の12:10〜12:50に開催されています。
大ホールの中に設置されているパイプオルガンの演奏ですが、逆に普段聴く機会がないのでワクワク。
ちなみにこのパイプオルガンの愛称は“ルーシー”だそうです(笑)。
みなとみらいへ ホールに到着!
1ドルと言っても、その日のレートの円で払う訳ではなく1ドルか100円のどちらかを支払います。最近のレートだったら100円のほうが断然お得よね。
チケットは無く入口のところに枡が置いてあるので100円玉をチャリーンと入れて入場。
簡素ですがちゃんとこの日のプログラムも渡されます。
2階席に上がる途中に大きなドラが。
コンサートが始まる前にはこのドラの音で開演を知らせてくれます。
子供連れの入場も認めていますが、むずがったりした時の為にモニタールームも準備されています。それぞれの立場に配慮してるのが好感度アップ!
100円払って入場 半分ほどの入りです
今年はモーツアルト生誕250周年なので色々なところでモーツアルトの曲を聴く機会が多くなりそうです。
今回演奏された曲はオルガン曲なので一度も聴いたことが無い曲ばかり。
元々はオルゴールの様な自動演奏装置のついたオルガン用の為に当時、貧困にあえいでいたモーツアルトが不満をかかえながらも作曲したらしい。
映画『アマデウス』で描かれたモーツアルトのイメージそのままです。

最初は大ホールで聴くパイプオルガンの音にビックリ。
全部で4曲演奏されましたが小鳥のさえずりの様な可愛らしい曲だったり、彼の苦悩を感じさせる重々しい雰囲気の曲がパイプオルガンを通じて奏でられます。
約40分間のコンサートでしたが、たった100円で聴く機会を与えて下さる事に感謝。
毎月恒例になりそうです♪
エンターテイメント | - | -
メリークリスマス♪
東京ミレナリオは大混雑!!
毎年この時期に開催されている東京ミレナリオも今年で7回目。
ただし会場の玄関口である東京駅が2006年春から復元工事の為、丸の内口周辺には仮囲いや資材置き場が設置され、美観が損なわれてしまうことや警備・安全上の問題が生じる可能性が高いことから2006年以降は休止される事が決定しているらしい。
今まで実際に見た事がなかったのでクリスマス・イブの夜に夫と一緒にお出かけ♪
ミレナリオ出口付近
17:30の点灯に間に合うように出かけたのだけど、東京駅から会場となる丸の内仲通りへ向かうと、とにかく凄い人・人・人!!!
整然と列を作っているのですが、この列から考えるにスタート地点から最終地点まで少なくとも2〜3時間はかかりそうです。
光のアーチの中を歩いてみたかったけど、老体の私達は汗この時点でギブアップ!
端の歩道は歩けたのでスタート地点の写真だけ撮ることにしました。

同じことを考える人は多いようで(笑)入口付近の写真を撮っている人もたくさん。
本来は列以外の場所で立ち止まる事は禁止なのですが少しの間だけ記念撮影。
最終地点は東京フォーラム側なので裏側からの写真撮影の為に移動。
ただしこちらからだと光のアーチから少し離れてるので、雰囲気だけでも味わいたい人はスタート地点から見たほうが楽しめるかも?
東京フォーラム外のイルミネーション
東京フォーラム内にも光のオブジェがあり、中の建物内にもルネッサンス芸術を思わせる空間が出来ています。
何より寒さをしのげるのがありがたい(笑)。
特設ステージでは無料のクラッシックコンサートが行なわれ、クリスマスミュージックが凍えた体をがほんわかさせてくれます。
アマチュアオーケストラの演奏会
しばらくは見ることが出来なくなってしまう東京ミレナリオ。
12/24〜31までは17:30〜21:00まで。
1/1は0:00〜3:00まで点灯されるそうです。
東京フォーラム内もライトアップ!
昨夜は何処のレストランも混んでいそうだったので横浜に戻り、行きつけのお寿司屋さん“すし信”で夕食。
さすがにクリスマス・イブにお寿司屋さんにお出かけするカップルは少ないと見えて、土曜の夜とは思えない程お客さんが少ない。
店主の信さんがサザエをクリスマスツリーに見立てたお刺身の盛り合わせを作ってくれました。
かなり無理があるような・・(笑)。
サザエがクリスマスツリーらしい(笑)
エンターテイメント | - | -
みなとみらいでコンサート♪
日本丸
ランチを頂いた後は横浜みなとみらいホールへ。
途中、日本丸メモリアルパークをぶらぶら。
地元だと逆に来る機会が少ないけど、この辺りに来ると(横浜は観光地なんだなー)と改めて感じます。
この日はポカポカの小春日和だったので、お弁当を広げたり、のんびりされてるご家族やカップルがたくさん。夫も『横浜にも良い場所がいっぱいあるねー』と喜んでいました。
久し振り〜 クイーンズスクエアのツリー
夫の知り合いが演奏するという事で横浜フィルハーモニー管弦楽団の第54回定期演奏会にやってきました。
会場の横浜みなとみらいホールは1998年に出来たばかりなので綺麗なホールです。
女性用の化粧室も数が多いので幕間の時間もそれほど混雑していません(これって結構ポイント高い)。

この日の指揮は長野力哉氏。ダンスをするような指揮に惹きつけられます。
シューベルトの『未完成』やブラームスの『交響曲第4番』の演奏は迫力には欠けますがアマチュアの演奏会としてはまあまあだったのでは?
通常のクラッシックのコンサートに比べると来場者も家族連れや子供達だけのグループ等が多く演奏者のお知り合いがたくさんいらしてるようでした。
前の座席ではアホ面で寝ている子供がいたり、後からはオッサンの大イビキが聞こえてきたのはご愛嬌でしたが(大汗)。
横浜みなとみらいホール 新しいホールです
このホールはとても気に入ったのでチェックしてみました。
気になったのが“オルガン1ドルコンサート”。
原則、毎月第4水曜日に1ドルまたは100円(円安だから100円のほうがお得よね・・笑)で聴くことが出来ます。
1月のモーツアルト生誕250年スペシャルにお出かけしようかな♪
クリスマスの飾り ランドマークのツリー
エンターテイメント | - | -
Elegant Time Concert〜10月
今月は古澤巌さん
毎月銀座のヤマハホールで行なわれている“Elegant Time Concert”。
先月の仲道郁代さんと華道家の假屋崎省吾さんのコラボに引き続き今月もお出かけ。
実は私の友人がヴァイオリニストの古澤巌さんの大ファン。なんとファンクラブにも入ってるのだ。という訳でお付き合いながら彼のコンサートに初めて参加。
11:30から始まるコンサートなので観客のほとんどは30〜60代の女性です。
日産自動車とヤマハのタイアップです
バンダナを頭に巻いた姿で現れた古澤さん。友人から教えてもらったけど10年位前にヴァイオリンを弾いている姿がCM(ピース・ライト・ボックス)で流れていたそう。
この曲も弾いてくれたけど残念ながら覚えてないのよねー。
クラッシック音楽だけではなく冬のソナタの主題歌などバラエティに富んだ曲が満載。
後半は宮崎駿監督の映画で流れている久石譲さんの曲が中心です。
その中で『風の谷のナウシカ』の“ナウシカ・レクイエム”(ランランララランラン♪という女の子の歌声が印象的な曲)を古澤さんがマイクを持って『ランランララランラン♪』と歌い出した!しかもけして上手では無くどちらかと言うとオ○チ。それも延々と歌っているのだ!
本人もウケを狙ったと後で話してくれたけど、コンサートに来ている人は彼のファンだから笑わない。
(・・ぐっ・・ぶっ・・)と必死に声を殺していたけど肩の震えは止める事が出来なかった冷や汗
古澤さんも途中で居たたまれなくなり吹きだしてくれたので、やっと他のお客さんも笑ってくれた。あ〜苦しかった〜。
おかげでその後の演奏は(ランランララランラン♪)と彼の歌声が耳から離れず、また1人で肩を震わせていました・・・・汗汗
古澤さんが使用したバイオリンと同じ終了後はサイン会♪
通常のコンサートでは億単位のヴァイオリンを使っているらしいけど今回彼が使用したヴァイオリンはスポンサーのヤマハの一品。
ここヤマハの中で販売しているので早速見に行ったら百万円程の品。
でも上手な人が弾くともっとお高く感じるわー。私も弾けたら楽しいだろうな♪
古澤さんはコンサート終了後もサイン会と大忙しです。
資生堂ビルの10Fですスプマンテで乾杯♪
このコンサート終了後に出演者を囲んでランチを楽しむ事が出来る、その名も“Elegant Lunch”に友人は申し込んでいたのだ。
ファロ資生堂でコンサートにちなんだオリジナルコースを頂けて4,000円だから彼のファンならかなりお安いわよね(でもスプマンテと白ワイン各1杯で3,000円はちと高かった)。
40名限定だそうです。
まずは挨拶から秋の味覚サラダ アマトリチャーナ金目鯛のソテー ポテトのクロカンテ添え
サイン会を終えた古澤さんが挨拶されてランチの始まり。
プチスターターはラタトゥユ。秋の味覚サラダはカツオのタタキが3切れとボリュームがあります。ベーコンとトマトのスパゲティが来た頃に古澤さんが私達のテーブルに来てくれました。彼の熱狂的なファン(友人含む)は彼とお話が出来てとても楽しそう。
私は・・・いちおうお話はしました(汗)。

約2時間のランチ。古澤さんはファンと写真を撮ったりサインをしたりと大忙しでした。
私は美味しいランチをお酒と一緒に楽しめて満足〜♪
さつまいものクレープ柿のコンポート添えコーヒーも美味しい♪
エンターテイメント | - | -
オペラ“カルメン”鑑賞
神奈川県民ホールからの眺め
昨日はボヘミア・オペラ〜チェコ国立ブルゼーニュ歌劇場〜のオペラ鑑賞に神奈川県民ホールへお出かけ。
このホールは山下公園の向かいにあるので会場から海を眺めることが出来る。
シドニーのオペラハウスには負けるけどロケーションはなかなか良いので気に入ってるホールです。

あまり有名でない団体のせいか会場は7〜8割程度の入り。
一番高いS席(¥12,000)と一番安いD席(¥4,000)のシートはほぼ満席みたいだけど、中途半端なA〜C席はガラガラ。
私達は3階席の2列目(B席)だったのだけど前列には誰もいなかったので休憩後に1列目に移動しちゃった。
開演前ワクワク♪幕間の時間
今回の演目は『カルメン』。
フランスの作曲家ビゼーの最後の作品で、世界で最も人気の高いオペラの一つです。
奔放な美女カルメンと彼女に翻弄される実直な男ドン・ホセのお話で、かなり俗っぽいオペラではありますが、素人の私でも知ってる曲目が多いので初オペラの人には敷居が低いかも?
今回カルメンを演じたガリャ・イブラギモヴァは声量もあるし、見た目もカルメンっぽい方だったので最初から最後まであまり退屈せずに済みました。
今の時代だとホセはストーカーだわ(笑)。

今回の座席からは演じている方の表情はあまり分かりませんでしたが、オーケストラピットの演奏風景がよく見えて面白かった。
男性陣の歌声があまり魅力的でなかったのがマイナスポイントだけど、今回は4,500円(得チケで8,000円が割引)の割に楽しむ事が出来ました。
写真では美味しそうなふぐ刺し紙鍋で頂きますフグちり
オペラ後はいつもの焼肉屋『つる屋』さんに行こうと計画していたのですが、なんと御主人が交通事故に遭われて入院されたとの事!
あ〜しばらく美味しい焼肉が食べられないよ〜(涙)。
代わりにしゃぶしゃぶ屋さんに出かけたら満席だったので、近くのフグ料理のチェーン店に入りました。
フグ料理にしてはお安いかもしれないけど、フグの味がイマイチで私も夫も今年博多で頂いたフグの味を思い出してしまいました(笑)。
エンターテイメント | - | -
Elegant Time Concert♪
ステージ
きょうは友人に誘われて銀座ヤマハホールで行われるコンサートへお出かけ。
美人ピアニストと評判の高い仲道郁代さんと華道家の假屋崎省吾さんのコラボレーションという面白い試みなのでワクワク♪
座席は後方だったけどホール自体が大きくないので全体が見渡せます。
真っ赤なドレスで現れた仲道さんはエレガントで美しい〜。
コンサート前半はドビュッシー&リストの曲。
もっと繊細な感じかと思ったら意外に大胆な演奏です。
きょうのコンサート♪トークショーみたい(笑)ライブ生け花の作品花の撮影に必死です(汗)

途中から假屋崎省吾さんも出てきて楽しいお話。
そしてリストのメフィスト・ワルツに合わせてライブ生け花が始まりました。
ピアノ演奏に合わせての生け花なので假屋崎さんがダンスしながら花を活ける姿を想像してしまいましたが、残念ながらフツ〜に活けられました(笑)。
休憩時間になると假屋崎さんが活けたお花を撮影しようと多くの人がステージへ群がりました。モチロン私もその1人(爆)。
お花を撮影していたら誰かが私の前に割り込んできました。
もうっ!と思ったらナント假屋崎省吾さん!
今活けたばかりのお花を手直しにいらっしゃったのです。さすが華道家ですね。
ちゃっかり握手してもらった私です(笑)。
カーリーだあ〜!手直しをしています
後半はグリーンのドレスに着替えた仲道さんがシューマンやショパンの曲を奏でてくれます。夫と一緒だとオーケストラのコンサートばかりなのですが、今回のコンサートはしみじみ聴けて良かったな〜。

コンサート後は銀座の『イルピノーロ』でランチ。
1,260円のパスタランチに315円プラスするとデザート付きになります。
お店のサイトから友人がクーポンをプリントして持ってきたのでカクテルがサービス♪
イルピノーロ店内スプロッシペンネリゾット
パスタランチはパン・有機野菜サラダorじゃがいもの冷スープ・4種類のパスタから1品・コーヒーor紅茶です。
私がスープ&子羊と茄子のペンネ・友人はサラダ&かぼちゃのリゾットをチョイス。
こちらのレストランは味もさることながらサービスが凄く良いです。
スタッフはキビキビしてて気持ちいい。さりげなく声もかけてくれるので悪い感じはしません。私が写真を撮っていたので『写真は綺麗に撮れますか?』と気にしてくれました(汗)。

コンサート&食事でエレガントな気分の一日♪
友人のデザートデザート&コーヒー
エンターテイメント | - | -
| 1/2PAGES | >>